【YouTubeスタート前に必要な3つの営業力】+実践ツール解説

こんにちは。45dreamです。

YouTubeをこれから始めようとしている人に向けて、どういった営業力ツールが必要かを過去の経験を踏まえ、まとめてみました。

【3つの営業力】+実践ツール解説

✓ LINE

✓ アメブロ

✓ Twitter

これを読んで意外に思われる方がいるかもしれません。

YouTubeには「営業力」が必要になってきます。

「画面に向かって黙々と編集作業するのだから営業力 要らなくない?」

「俺はコンビとかカップルYouTuberちゃうから、一匹狼でええやろ!」

まあ、そう言った声が聞こえてきそうですが、順を追って解説していきます。

なぜ営業力が必要なのか?

YouTubeを始めたばかりの初期の状態ではチャンネル登録者が100人を超えるのも、かなりの労力が必要です。

あなたが愛情をこめて開設したチャンネルですが、その置かれている状況は、よく例えられるのが「周りに何もない砂漠の真ん中に店舗を出す」のと非常によく似たものだと思ってください。

なにせ周りに「誰もいない、何もない。ただただ延々と砂漠が続くだけ」

本当に こんな感じです。

水を飲もうにも、オアシスは見当たりません。

食料を探すにも、食べられるものは見つかりそうにありません。

チャンネルを開設したばかりの時は、そんな状態です。

つまり貴チャンネルに、思いっきり「集客」しなければ「お客様」=「視聴者」は動画を見に来ないのです。

ましてやアップした動画が1~10本の時はなおさらです。

まずは見てもらう事。貴チャンネルのホームに訪れてもらうことが必要になります。

✓ 営業力強化ツール 【LINE】「まずは友達から声をかけよう」

アナタの手持ちの携帯電話の中を見て欲しい。

まず一番手っ取り早いのが「LINE」だ。

「友達何人できるかな?」がここで試される。

学校や職場のサークルや学生さんや社会人の人でも、仲のいい友人のグループLINEなんかがあればいい。

3人から20人くらいのコミュニティがあれば、そこのLINEグループにアップしたYouTube動画を送信させてもらおう。

少しでも貴チャンネル動画を見てもらえる可能性が上がるだろう。

もちろん仕事相手のLINE先は、可能性は低いが(ビジネス的にもNGか)

初期の段階では、例え10回未満の再生回数でも非常に貴重かつ重要な要素であるので活用しない手はないだろう。

✓営業力強化ツール 【アメブロ】「少し範囲を広げてみよう」

なんでアメブロ?

と思われる方もいるかもしれないが、数多くある無料ブログツールの中でもアメブロは比較的、同じようなジャンル内で他の人の「いいね」ボタンを押してあげると結構、自分のブログにも「いいね」ボタンを押してもらえる傾向にある。

そして同じようなジャンルのアメブロガーさんをフォローしてみよう。

そうするとかなりの確率で自サイトもフォローしてくれる。(経験談)

そこのアメブロの投稿に自身のアップしたYouTube動画を貼り付ける事が可能だ。

そうすることによって、まずは初期段階で数が少ない再生回数を伸ばすことができる。

「You Tubeとアメブロ、両方やるのは、しんどいなぁ」と思われる方もいるだろう。

しかし、これは貴チャンネルが「初期段階」の前提での提案だ。

アメブロをずっと続ける必要は、正直、ない。(もちろんそのまま続けてもいいのだが)

まずは貴チャンネルの初期段階の動画の再生回数を伸ばすことを考えよう。

※アメブロ

サイバーエージェントが運営するレンタルブログサービス。

現在6000万人が使用している。

ブログでありながらSNS的な相互コミュニケーション要素が強いのが特徴。

✓営業力強化ツール 【Twitter】「拡散力はハンパない」

最後に紹介するツールは「Twitter」だ。

TwitterはLINEと同様に、YouTubeをやっていない人でも比較的なじみのあるSNSツールだと思う。

Twitterの特徴は、なんといっても、その「拡散力」にある。

例え、フォロー、フォロワーが3桁にも満たないアカウントでも、YouTube開始と同時にTwitterアカウントだけは大事に育てていこう。

なぜならば、TwitterとYouTubeは「非常に良い相性」で、今後、YouTube動画をアップしたならば、すぐにTwitterでアップした動画をシェアするという方法をとるのがベストだ。

Twitterは「リツイート」という拡散機能がついている。

各企業内においても「バカッター」が非モラル的な行動をtweetして、炎上したニュースを見たことがある人も多いだろう。

ネガティブ要素だが、それだけ拡散力があるという事はクオリティの高い動画を貴チャンネルでアップすれば、それを拡散してくれる可能性も十分に高いのだ。

事実、私はYouTubeをはじめて3か月程経過した時にアップした動画が、フォロワー1万人越えのアカウントの人の目に留まり、その人のサイトに自分の動画が貼り付けられて、爆発的に再生数が増加した経験がある。

その時、一気にチャンネル登録者が100人前後から400人前後まで飛躍的に増加して、収益化の目安である「チャンネル登録者数1000人」が視野に入ってきたのを今でも思い出す。

なので、「Twitter」は普段、アカウントはあるけど動かしていない人でも、YouTubeをスタートする機会に、合わせて育てていくべきSNSの一つなのである。

まとめ

【YouTubeスタート前に必要な3つの営業力】+実践ツール解説

✓ LINE

✓ アメブロ

✓ Twitter

解説してきました営業ツール以外にも、貴チャンネルを世に広める方法は、まだまだあります。

今回は3つの営業力、そしてそのツール活用の解説をしました。

また別の記事で続きは説明していきたいと思います。

この記事を書いた人

「45歳からのYouTuber」

” 45dream “ 大阪府出身

上場企業管理職➡43歳からYouTuber

PC / 撮影 スキル 知識ゼロから2年半で登録者数5,500名を超える。

会社員の経験をプラスし、現役YouTuberとして動く。
  • 動画編集
  • SNSマーケ / Webマーケ
  • BLOG・ECサイト・投資家と幅広く業務を展開。

某CS放送にてCM出演の経歴あり。

スポーツ紙にECサイトの広告掲載をするなど、 メディア活用に強み。
にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。