【YouTubeチャンネル開設時のテーマ選定】+掛け合わせのコツ紹介

こんにちは。

45dreamです。

本日はYouTubeチャンネル開設における【テーマ選定】についての お話しです。

YouTubeを始めるにあたって 一番難しいのが最初のテーマ決定。

これがなかなか決まらず、最初の一歩が踏み出せない方も多いと思う。

こちらの記事を読んで頂けたら、きっと貴チャンネルの方向性が明確になって

今後、作成した動画もターゲティングを意識した内容のコンテンツになるに違いありません。

一口に「テーマ」と言っても難しい。

「○○やってみた」や「エンタメ系」路線でチャンネル運営をしていっても問題はないのだが、もはやYouTubeマーケットはライバルが星の数ほど存在する。

こういったエンタメ系やVlog系は企画自体がすでに出尽くしている感じがするので、一般的なYouTuberは

「レッドオーシャン」=競合が多すぎる状態だ。

だからといって「自分にはこれといって、人より秀でているものなんかない」と悲観する必要は全くありません。

【3つの特徴を掛け合わせよう】

YouTubeテーマ選定で大事な要素は

「3つの要素を掛け合わせる」という事です。

例をあげると

✓ 徳島県出身

✓ 祭りが好き

✓ 阿波踊りが踊れる

これで「阿波踊りの魅力を多くの人に届ける事ができる」チャンネルテーマ設定が出来上がります。

  • 踊り方 解説動画
  • 徳島観光スポット
  • 他の都道府県 祭り紹介+交流

こういったチャンネル展開が可能になります。

【ターゲティングの範囲】

ただし上記の「阿波踊りチャンネル」の例で言うと、その情報を欲しがっている人が世の中にどれくらい存在するのかが問題になる。

ある一定数の人はいるだろうが、やはりそう多くはないだろうという事は予想できますよね。

だからと言って、料理ジャンルや釣りやアウトドアなど趣味系のチャンネルも山のように存在します。

では、どうするか。

第1テーマとして「比較的大きめなマーケットジャンルの設定」をしよう。

上記の例で言うと「日本の祭り」になる。

その次に第2テーマとして、「祭り」のテーマを細分化すると「神輿」の迫力を伝えるテーマや、「祭りグルメ」を扱うテーマなど、詳細にテーマを細分化することができる。

このケースだと「踊る」事にフォーカスし、「踊りの動きを披露する」チャンネルに特化するのがベストになる。

そして、最初は自分が得意な阿波踊りの動画をアップすればいい。

次に日本全国で展開されている一般的な「盆踊り」や「○○音頭」のような踊りを解説する動画を展開する。

そこから「世界の踊り」や「ダンスの基本形」など、裾野を広げていく。

そうすれば、かなり広範囲をカバーできる「踊りの総合チャンネル」が出来上がる。

【タグ付けで広がるターゲティング】

そうは言っても、マーケット的には、やっぱ地味テーマで範囲は狭いんじゃない!?

と言う方もいるかもしれないので、そこについても解説しておこうと思います。

まだYouTubeに動画をアップしていない人に向けて説明すると、動画をアップする際に”タグ”を設定するのだが、そのタグ付け🏷とは

・阿波踊り・徳島県・盆踊り・ねぶた祭り・山笠祭り・日本祭り・盆踊りの踊り方・徳島阿波踊り

など視聴者が検索しそうなキーワード設定する事により、動画への流入を促すもので、貴動画が検索結果により見つけられやすくするための設定になる。

タグ数は 多くても少なくても効果が出ない

このタグ付けに関しては何個入れればベストなのかは諸説あります。

だいたい10個前後の関連するタグを設置する事で、より広範囲のターゲット層に動画が見られる可能性が上がります。

【まとめ】

今回はYouTubeテーマ選定について解説してきました。

✓ まずは自分の得意ジャンルを選ぶ

✓ 3つの要素を掛け合わせる

✓ 大きなテーマ設定から細分化して、オリジナリティを出す

このプロセスで貴チャンネルの独自性を導き出してみると、テーマ選定は比較的スムーズにできるかと思います。

この記事を書いた人

「45歳からのYouTuber」

” 45dream “ 大阪府出身

上場企業管理職➡43歳からYouTuber

PC / 撮影 スキル 知識ゼロから2年半で登録者数5,500名を超える。

会社員の経験をプラスし、現役YouTuberとして動く。
  • 動画編集
  • SNSマーケ / Webマーケ
  • BLOG・ECサイト・投資家と幅広く業務を展開。

某CS放送にてCM出演の経歴あり。

スポーツ紙にECサイトの広告掲載をするなど、 メディア活用に強み。
にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。